読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

White Elephant

音楽の旅プロジェクト『White Elephant』の記録。

Peace Table〜第5話・やんばるの森に生きる虫〜

長らくブログの更新をせず、大変申し訳ありませんでした。基本的に 落ち込んでいました。落ち込むと、一番に、自分の大切なものを大切に出来なくなる癖がある。治したい癖です。などと暗い言い訳を書くから読者のまったく増えないこのブログですが、そういう場所もあっていいかなと思います。

わりと明るめの、イベント情報をまとめたものが読みたい方はこちらを覗きにいらしてください。落ち込んでいても、大概 しゃきしゃきと 書いています。

 

www.facebook.com

 

あまりにも長らく書かなかったので、大事なことを何もかもすっ飛ばしてそのまま夏はもう少しで終わりそうですが ゆっくりまいります。

まず ふた月ぶりに、Peace Table を催します。今回は、ダーウィンルームというお店の皆さんのお力添えを頂きながら、進めます。第4回目までが あまりにただ気合いで乗り切ろうというところが強く、参加者への負担も大きかったので、もうこれで終わりにしようか。とも考えたのですが、志は達成していなかったものですから。この先も続けていくつもりなら、私と今迄関わっていない、客観的な眼差しと場が必要だ。と、以前から気になっていたこのお店のドアをノックいたしました。今回おもしろく会を回すことが出来、お客さんがたくさんお見えになったら、同じ場所で少し回を重ねていこうかなと、ぼんやり思っているところです。

DARWIN ROOM



第4回目のゲスト・石原岳さんからのご紹介で知った昆虫研究者・アキノ隊員とお話をします。いつかやりたかったのです。こんなに早く実現の機会が訪れるとは・・・と、その話はまた長いので今日はここまでにしよう。

続きは、ぜひダーウィンルームで。


f:id:Yoomi:20150818042225j:plain

◆ 日 時:8月22日(土)19:00〜21:00
◆ ゲスト:アキノ隊員(昆虫研究者)
◆ 案内人:玉井夕海(ウタウタイ・女優)
◆ 会 場:下北沢・ダーウィンルーム・2Fラボ
◆ 参加費:¥2,000/税込 高校生以下半額(コーヒーか紅茶付き)
◆ 内 容:アキノ隊員による、沖縄・高江で生きる動物達(主に昆虫)のお話です。また高江のノグチゲラ営巣の様子と、オスプレイノグチゲラに与えた影響の具体例などをご紹介します。質問も受け付けます、とのことです。

[主催]White Elephant[後援]DARWIN ROOM 

《Peace Table =ピーステーブル》とは、玉井夕海が旅の途中で出逢った生物研究者やサイエンティスト、アーティストなどを迎えて、テーブルを囲み平和なトークをしながら、時折歌います。


宮城秋乃(アキノ隊員=みやぎ あきの)
1978年、うるま市浜比嘉島生まれ。日本鱗翅学会自然保護委員。沖縄の森林性のチョウの生態研究に人生を捧げている。沖縄の自然を守るために、昆虫観察会や昆虫教室、写真展などを開き、各地の自治体や子ども会から引っ張りだこ。

玉井夕海(たまい ゆうみ)
1977年、東京生まれ。東京藝術大学建築科在学中、映画監督を志しアニメーション映画監督・宮崎駿に弟子入りするが「夕海さんは向いていません」と告げられ、あっさり諦めてウタウタイを目指す。気に入った土地に住み込んで作品を作る癖。最も縁が深いのは、熊本県天草と津奈木町、長野県松本市。2013年10月より『渋さ知らズヴォーカル担当。最もよく知られる仕事として、映画『千と千尋の神隠し』リン役。White Elephantプロジェクト主宰。
https://www.facebook.com/tamaiyoomi?fref=ts

5/18〜31まで。ここ数日私の歌う場所です。

f:id:Yoomi:20150326131300j:plain


少し続くので、一枚のお知らせにまとめます。
なかなかうまく宣伝出来なくてごめんなさい。

もっと上手になって、もっとたくさんの方に歌を届けられたらと思います。頑張ります。

ソロアルバム<ales>再版も工場から届くので、持っていきますね。
古いけれど、新しく生まれ変わる50年前くらいかな、アコーディオンも持っていきます。

 

18日は

震災前までずっとひとりで歌っていたライブハウスで

四年振りに歌います。

 

21日は

初めて渋さ知らズにゲスト参加した時(201410KAAT『天幕渋さ船~龍轍MANDALA~』)ワークショップ参加してくれた友人の友人と友人になって、彼が一生懸命企画しました。初めてのイベント企画で、時間も、お金も、なにもかも、てんてこ舞いになっているようです。でも、どうしても今、何か自分に出来ることはないかと、一生懸命考えて、彼が信じた人達に声を掛けて始めたものです。私はそこで、始まりと終わりの歌を歌う役割を任されました。

 

ずっと出逢いたいと思っていた、九州の若き革命家達が集います。

 

 

22日は

松本でひとりぼっちだった時からずっと、見守ってくれていたマスター・新居さんのお店Bar AQUAVITAEで歌います。いつも歌っているから、いつもの夕海ちゃんと思うのかもしれないけど、いつもは、いつもじゃないんだよ。いつだってね。

 

終わったら、トリノに行って来ます。

渋さ知らズオーケストラで、ジャズフェスティバル参加です。

 

仕事で海外に行くのは、これが初めてだ。

ヨーロッパも、イタリアも、初めてだ。

 

遠く迄、飛んでいけますように。

ほんとうの歌でありますように。

 

 

 

玉井夕海 solo Clap your hands my sweet

518日(月)@東京・Z.imagine

OPEN19:30 START 20:00

CHRAGE 2500 ( with 1 drink )

www.radio-zipangu.com

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

521日(木)

ソーヤー海 ・テンダー・工藤真工・澤田佳子トーク×玉井夕海ライブ 

『いまのくらしへ』

日 時:2015521日(木)開場18:30/開演19:00/終演21:00

参加費:会場費1,000円+ 1ドリンクオーダー+ドネーション

(出演者の方へのギフト)

*要予約

*定員80名:定員に達し次第締切となります。

cafeslow-even.jugem.jp

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

522日(金)@松本・Bar AQUAVITAE

OPEN19:30 START20:00

CHRAGE 予約¥1500/当日¥2000 (1 drink )

www.facebook.com

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Trino Jazz Festival

www.torinojazzfestival.it

www.facebook.com

 

Peace Table〜第四話・夜間飛行〜

f:id:Yoomi:20150515205618j:plain

Peace Table 第四話 ~夜間飛行~

6/21(日)@松本・Bar AQUAVITAE

玉井夕海×石原岳 ×不破大輔 live&talk session
open 18:30 start 19:00

映画『White Elephant』上映
open 21:30 start22:00 (97分なので、終映23:37)

charge(1drink別) live+movie予約3000円/当日3500円
(学生は予約・当日共に2000円。 中学生以下無料)

☆ movie only 一律 1000円!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おまけの投げ銭深夜即興ライブ
映画終映後、適当。玉井はやりますが、あとのお二人はその日の気分で。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<ご予約・お問い合わせ>

White Elephant事務局

070-6521-5228
clap.your.hands.mysweet@gmail.com

 

Bar AQUAVITAE
0263-35-8418
〒390-0874  長野県松本市大手1-3-30 ニュー大手ビル205

(JR松本駅から徒歩7分 「クリーニング太陽舎」左隣のドアが入り口です。)

 

 <Peace Table>とは

映画『White Elephant』(監督・玉井夕海×神田光)に関わる人物達と共に、演奏やトークを交えながら、コミュニーケーションを繰り広げる場。今やこれからのこと、様々に「話」を紡いでゆく。

 

twitter.com

 

 

f:id:Yoomi:20150516011548j:plain

玉井夕海

1977年8月6日、東京生まれ。東京芸術大学建築科在学中に、宮崎駿主催アニメーション演出家養成講座「東小金井村塾 2」 修了。(この縁により、映画「千と千尋の神隠し」リン役に抜擢。)天草の海から受 け たイン スピレ ーションを 元 に 作り上 げ た 映 画「 もんしぇん」(製作 シグロ・MK)では脚本(山本草介・海津研との共作)、主演、音 楽を担 当。その後は、女優として『空中キャバレー』(串田和美 演出/まつもと市民芸術館) や、『南へ』(NODAMAP・野田秀樹 演出/東京芸術劇場) などの演劇作品へ参加。2012年は再び天草を舞台とした映画『NOT LONG,AT NIGHT』の主演を務め、同作は第25回東京国際映画祭<日本映画・ある視点部門>にノミネート。平行して、2009年『TAPPERS RIOT 2』(熊谷和徳 演出)、2013年『渋さ知らズ大オーケストラ<天幕渋さ船~龍轍MANDALA~>』(神奈川芸術劇場)ではゲストヴォーカリストを任されるなど(以降<渋さ知らズ>メンバー)、歌手・シンガーソングライターとして評価され始める。又、アートプロジェクト『赤崎水曜日郵便局』では総合力を買われ「ポストマン」(メインスタッフ)に。近年は、串田演劇への出演をきっかけに訪れた長野県・松本市との関わりが深まりつつある。2012年6月~2013年6月にかけての一年間を、<White Elephant>の一環として街に住み込み、日本料理店・温石、里山辺JA葡萄集荷所、美ヶ原温泉・月の静香など、松本各所で働きつつ、楽曲制作。それら所縁の生まれた場所にiPhoneを持ち込み録音、初のソロ音源『ales』を完成。その模様は、長野の各メディアで紹介された。2014年4月からは再び街に拠点を持ち、音楽隊始動と連動した新たな動きを準備中。2011年4月からは自身のプロデュースによる<音楽の旅プロジェクト・White Elephant>をスタート。神田光、坂本弘道、中山貴踏、不破大輔、伊勢桃李を初め、出逢った多くの「仲間」達と共に活動中。本作では、企画・監督(神田光と共同)・撮影(iPhone)・編集など、ほぼ全ての作業を担う。

blog http://white-elephant.hatenablog.com/
Facebook https://www.facebook.com/tamaiyoomi?fref=ts
Twitter https://twitter.com/bouz_kobouz

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f:id:Yoomi:20150516011738j:plain

石原岳

71年神戸出身
沖縄県東村高江在住
ソロの即興演奏やギター2本のユニット『PIRARUCU』ピラルクを中心にさまざまな即興ユニットやセッションで活動。

エレキギターエフェクターを使い演奏。
沖縄県内外で活動中。
静寂、微音のライブから轟音のライブまで、アンビエントからノイズまで。
2011年5月、1stアルバム『Yoru no Kazoku』リリース
2013年1月、2ndアルバム『発酵する世界』リリース

過去、那覇にて「Bar 乱波洞」「8onpas」「渦」「オホーツクナイト」 主宰

現在、『高江音楽祭』主宰 

LIVE映像集 『ISHIHARA TAKESHI MOVIES』 http://takae-movie.tumblr.com/

______________________________________

現在、沖縄県本島の北部、ヤンバルとよばれる亜熱帯森林地帯にある小さな集落、高江で暮らしながら国の強引なヘリパッド建設工事に抗議、阻止活動中。 

いま沖縄で、高江区で、なにが起こっているかを知ってください。注目してください。そしてなにかを感じたら行動を。想像力と行動力を駆使してください。そして、いちど高江に来てください。

高江で起こっていることが現在進行形で知ることの出来るブログ 

●『やんばる 東村高江の現状』
●『標的の村』1時間バージョン英語字幕版

石原岳
Mail rappado@cosmos.ne.jp


HP 『発酵する世界』 http://hakko319.tumblr.com/
sound cloud https://soundcloud.com/takeshiishihara
Twitter https://twitter.com/#!/Takeshi319
FACEBOOK http://www.facebook.com/takeshi.ishihara

 

f:id:Yoomi:20130530012007j:plain

不破大輔

1959年12 月28日、札幌生まれ、70年代後半アングラ芝居とフリージャズにはまり即興演奏を主に音楽活動を始める。何故か高校の同期には米米クラブのメンバーやAORやビジュアル系バンドで活躍したミュージシャンもいる。80年代初頭から、のなか悟空&人間国宝に参加(他にメンバーは川下直広、吉田哲治)。「劇団発見の会」の劇伴奏をきっかけに田口トモロウ、ひろ新子等と「ガガーリン」結成。その後「近藤直司トリオ」を経て’86年、川下直広、大沼志郎と「フェダイン」結成、2000年解散まで14年間活動を共にした。’96年にはドイツ「メールスジャズフェス」に参加。1989年「発見の会」公演「リズム」の劇伴を契機に『渋さ知らズ』結成。以降、多数の演奏旅行、多数の音源映像出版をくり返している。’12徳間音工から、Sandii、三上寛遠藤ミチロウ渚ようこ泉邦宏坂本美雨をゲストボーカルに「渋彩歌謡大全」をリリース。公演活動はライブハウスを出発点に’93から「本牧JAZZ」札幌仙台福島新潟富山東京横浜静岡大阪京都和歌山福岡他各地のジャズロッククラシックダンス演劇映画祭に参加。’94年以降『天幕渋さ』と題して天幕興行を日本国内各地で、欧州東欧北欧ロシア北米東アジアは’98からフェスを中心に廻っている。’02には英国グラストンバリーフェスのピラミッドステージで演奏。’05年は4月から9月まで’07は8月から10月まで長期の欧州旅を決行した。現在『渋さ』以外でベーシストとしては様々な音楽家と共演している。札幌芸術の森では『チョビ渋ワークショップ』を小学校5年生から高校1年生(当時)を対象にバンド及び個人の自立をテーマにワークショップを行っている。『チョビ渋』は札幌パークジャズはもとより仙台「アラバキフェス」東京「ラ・フォル・ジュルネ」に出演した。他に作曲家としては多数の劇団(主に発見の会、風煉ダンス、翠羅臼、呉一郎)公演に楽曲演奏を提供している。『Kirschblüten -- Hanami』というドイツ映画で、代表曲「飛行機」がタイトルバックで挿入された。’13年夏には、渋さ知らズで欧州旅公演敢行。同年10月『渋さ知らズ大オーケストラ<天幕渋さ船~龍轍MANDALA~>』(神奈川芸術劇場)。

HP http://shibusa.net/
Twitter https://twitter.com/28poi
Facebook https://www.facebook.com/daisuke.fuwa.18?fref=tl_fr_box&pnref=lhc.friends



工業製品版<ales>、再版します。

f:id:Yoomi:20150511172818j:plain
(写真は、デザイナー・猿山修さんのブログ<saruyama>より)

玉井夕海さんの « saruyama

大変長らく御待たせ致しました。5月21日より、販売再開します。

2013年4月。『白い部屋』という連続ライブ公演を機に、自力で製作・発売をした<ales>というこのアルバムは、松本を始め関わって下さったいろんな方の応援のおかげで、数ヶ月のうちに手売り完売をすることが出来ました。その後も「欲しい」というたくさんの声を頂いていたにも関わらず、どうしても再版代を貯める余裕が持てず、そして私はいつもばたばたで

気付けば二年も経ってしまいました。
ごめんなさい。


ようやく再版の目処が立ったので、送り出します。まずは1000枚作ります。無事売り切れたら、次を考えます。以前プレスをお願いした業者さんに、21日のイベントまでに間に合うでしょうか伺いました。なんとかしますとのことでした。ぎりぎりの依頼をした上、いろんな質問をしたり、御迷惑をたくさん掛けてしまったのに、とても有り難いことです。販売物があるというのは、とても嬉しい。すごく、嬉しい。

21日に届くので、数枚持って会場に向かいます。
(18日のソロライブは、つい先日発見した、前回の残り5枚を持って行きます。)



そうこうしているうちに
今準備中の新しいアルバムがお目見えすると思います。

 

これはその記念の再版です。

 


<ales>は、長野県松本市に在住時、「無理をしない。等身大に作る。」というコンセプトの元、働いていたあちこちのアルバイト先やお世話になっていたお家6軒を自転車に乗って訪ね、場所を御借りし、iPhoneを使って録音した音源です。2013年1月から2月にかけて制作をしました。

(1曲目だけ、女鳥羽川という川の傍で録音しました。雪で寒かった。)

 

1、ales ・・・女鳥羽川、縄手通り横

2、僕の星、素敵な君・・・日本料理・温石

3、葡萄畑の真ん中で・・・山辺葡萄農家・川井家

4、ヒグラシ・・・Bar AQUAVITAE

5、autumun poem・・・tadokorogaro

6、雪が降って来た・・・美ヶ原温泉 月の静香

7、a littele boy,walking on the sand.・・・まるも喫茶

 

松本では一生懸命働いてはいたけれども、それでも生活を支える以上の貯えを作るのは難しく、どんどん日が過ぎる一方だったので、まず歌詞カードもジャケットも全行程手作りのノート型一冊3500円版<ales>を作り、それを売ってお金を貯めてから、一枚1050円のこの白い方を工場に発注しました。(追伸。注文して頂いたまだ作っていない方の分があります。作ります。二年もほっぽらかしてごめんなさい。ぜんぜん全く忘れてなどおりません。首を長くして待っていてください。約束は忘れません。でも、もし心配であったら御一報下さい。もちろん忘れることも、あるし・・・のんびりで本当にごめんなさい・・・。)


楽器は、それぞれの場所にあったピアノと、東京在住時より御借りしたままのアコーディオンを持ち込み、演奏をしました。イラストは、当時の務め先だった日本料理・温石
の奥様でイラストレーターの田所真理子さんに、ジャケットデザインは、これまた温石ととても縁の深いデザイナーさんである猿山修さんに、是非とお願いをし、ようやく形になりました。


 

そしてあともう少ししたら

夏くらいだろうか。

一年かけて準備をしてきた新しいアルバムを

お届け出来る日がやってきます。


詳しいことはまだ秘密ですが、全て一人で弾いて歌った<ales>とは対局に、今度の作品は、たくさんの仲間達と共に演奏をし、時間をかけて作り上げている音楽です。


一人から始まり

仲間が出来て

また一人になって

仲間と逢って

 

 

とにかくまずは
再びの<ales>から。

 

御注文はこちらまで。
せっかく一枚の値段を安くしたのに、すみません。送料は別でお願いします。
店舗販売ご希望の方は、回収が難しいので、買い取りのみで御願いします。
パーセンテージは各店舗の取り決めに合わせます。

出張ライブもやって!などの企画も、応相談で御引き受けします。

ちなみにですが、再版を記念して、一枚1000円に値下げします。
二年の間に消費税8%になってしまったので、税込みにします。

郵送の場合は送料510円、合わせて1510円です。

clap.your.hands.mysweet@gmail.com

 

 

お待たせ致しました。

それでは御注文、心より、お待ちしております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

玉井夕海 solo ~Clap your hands my sweet~

5月18日(月)@東京・Z.imagine
OPEN19:30 START 20:00
CHRAGE ¥2500 ( with 1 drink )
http://www.radio-zipangu.com/zimagine/

5月22日(金)@松本・Bar AQUAVITAE
OPEN19:30 START20:00
CHRAGE 予約¥1500/当日¥2000 (1 drink 別)
https://www.facebook.com/pages/BAR-Aquavitae/206926889438870

6月14日(日)@東京・なってるハウス
OPEN19:30 START20:00
CHRAGE ¥2000 
http://www.maroon.dti.ne.jp/knuttelhouse/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5月21日(木)
ソーヤー海 ・テンダー・工藤真工・澤田佳子トーク×玉井夕海ライブ 
『いまのくらしへ』
■日 時:2015年5月21日(木)開場18:30/開演19:00/終演21:00
■参加費:会場費1,000円+ 1ドリンクオーダー+ドネーション
(出演者の方へのギフト)
*要予約
*定員80名:定員に達し次第締切となります。
http://cafeslow-even.jugem.jp/?eid=1080761

 

Clap your hands my sweet.

覚悟をする時、人は変わる。去年の今日の私と、ほんとの今日の私は、一本の線の向こうとこちらにいるように別の世界に生きていて、手を伸ばしても、届かない。まだ柔らかな体をしている自分を時折見かけると胸がぎゅっとなるけれど、あの日の私と私の間に横たわっているものの中にこそ、見つけなければならない何かは眠っている。

 

去年の今日。私の最愛の親友であった母方の祖母はまだ、生きていた。たった365日前のあの日空気を揺らした笑い声はとっくに消えて微かだ。

 

「夕海。babaはあんたが心配だ。いいかい、十本の指がある。見せて御覧。そう、あんたは十本あったら、十本を人に使おうとするけどね、五本は自分の為に取っておきなさい。五本は人の為に使っていい。自分を守れない人に、誰を守ることも出来ないんだよ。いいね。それだけ覚えておきなさい。」

 

・・・ああ、なんだったかな。

私は何を言おうとしていたんだろう。

 

このごろ言葉が出て来ない。

胸が詰まって苦しい。

くたびれた。眠い。考えることをやめてしまいたい。

そうなるから、でも、私には守りたいものがあって だから

 

揺れる髪を待ちわびていた祖母は、私のボウズ頭を撫で、明け方そっと旅立った。

vimeo.com

 

映画『White Elephant』のこと、<Peace Table>のこと、少しずつ御報告していかなくちゃなりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

玉井夕海 solo ~Clap your hands my sweet~

5月18日(月)@東京・Z.imagine

OPEN19:30 START 20:00
CHRAGE ¥2500 ( with 1 drink )

http://www.radio-zipangu.com/zimagine/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月22日(金)@松本・Bar AQUAVITAE

OPEN19:30 START20:00
CHRAGE 予約¥1500/当日¥2000 (1 drink 別)

https://www.facebook.com/pages/BAR-Aquavitae/206926889438870

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月14日(日)@東京・なってるハウス

OPEN19:30 START20:00
CHRAGE ¥2000 

http://www.maroon.dti.ne.jp/knuttelhouse/

 

f:id:Yoomi:20150507022155j:plain

Peace Table 第三話 〜Sun & Moon〜

f:id:Yoomi:20150312015922j:plain

 

第一章 ヒカリノコ

4/10(金)@東京・なってるハウス

玉井夕海×PIKA☆×坂本弘道 LIVE

open 19:30 start 20:00

charge予約2200円、当日2500円

http://www.maroon.dti.ne.jp/knuttelhouse/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第二章 ヒノハナミテハ

4/12(日)@松本・Bar AQUAVITAE

玉井夕海×坂本弘道 LIVE

open 19:00 start 19:30

チャージ予約2000円、当日2500円(ワンドリンク別) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第三章 ワラウコエ

4/25(土)@松本・AQUAVITAE

玉井夕海×PIKA☆ ×分藤大翼 live&talk session

open 18:30 start19:00

映画『White Elephant』(もう少しで、完成)上映

open 21:00 start21:30 (97分なので、終映23:00)

charge(1drink別) live+movie 3000円 live only 2500円 movie only 1000円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 <Peace Table>とは

映画『White Elephant』(監督・玉井夕海×神田光)に関わる人物達と共に、演奏やトークを交えながら、コミュニーケーションを繰り広げる場。今やこれからのこと、様々に「話」を紡いでゆく。今回は、第1話・星を作る(2/11、東京ー飯田橋・ギンロク) 第2話・手紙(3/7、熊本ー津奈木町・染竹公民館) に続いての開催。 尚、Peace Table の模様は、その都度記録。 連載映像作品として、公開予定。

White Elephant 公式 (@whiteelephant_) | Twitter


White Elephant - タイムライン | Facebook

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

玉井夕海|Yoomi Tamai

ウタウタイ 19778月6日生まれ。

東京芸術大学建築科在学中に、向かいの校舎に通う箏(こと)弾き・かりんと出逢いPsalmを結成。同時期に通っていたアニメーション演出家養成講座「東小金井村・塾2」の塾長、宮崎駿監督のアトリエにて音楽朗読劇『たいようとつき』を上演。それをきっかけに、映画『千と千尋の神隠し』のリン役に抜擢される。また、Psalmの活動と平行し、天草からのインスピレーションを元に仲間達と制作した 映画『もんしぇん』(製作/シグロ・MK)は、伝説の仮設映画館・一角座を初め、2006年全国各所にて上映。脚本(監督・山本草介、イメージ設計・海津研との共作)・主演・音楽(Psalm)を担当。2009年、Psalm活動停止。 その後は、ピアノとアコーディオンを用いた弾き語りライブを軸にしながら、役者として『空中キャバレー』(串田和美 演出)『南へ』(NODAMAP・野田秀樹 演出)『TAPPERS RIOT2』(熊谷和徳 演出)『十二夜より十三夜』(渋さ知らズ25周年記念企画)など、ジャンルを超えた舞台作品に出演。2012年には、主演映画『NOT LONG, AT NIGHT -夜はながくない- 』が第25回東京国際映画祭<日本映画・ある視点部門>にノミネート。2013年からは、同作監督・遠山昇司氏プロデュースの、アートプロジェクト『赤崎水曜日郵便局』の「ポストマン」に就任。 音楽の旅プロジェクト『White Elephant』は、2011年5月よりスタート。共同監督・神田光、音楽家・坂本弘道、中山貴踏、不破大輔、小さな革命家・伊勢桃李を初め、出逢った多くの「仲間」達と共に、活動を続けている。2014年5月より<渋さ知らズ>メンバー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f:id:Yoomi:20150312020831j:plain

PIKA☆

ミュージシャン / アーティスト  1983年12月7日 大阪阿倍野生まれ。

http://pineco.pw/

2002年 ロックバンド「あふりらんぽ」を結成。ドラムボーカルを担当、2004年にソニーキューンレコードからメジャーデビュー、2010年に解散。その後ソロ活動を始動させながら AcidMothersTemple cosmicinfelno~にて紅一点ドラマーを務め2011年卒業。 YOKO ONO PLASTIC ONO BAND のパーカッションを担当するなど、「satori.」「モンモン♀トゥナイト」「光宙☆魔呼斗」など、国内外数々のミュージシャンとの即興演奏、ノイズ演奏、ユニットなど活動は多彩。小学校のゲストティーチャーに招かれ音楽と芸術のワークを担当・講師を務めるなど、現在は子どもを交えた音楽つくりもはじめ、PIKA☆ドラム教室・ワークショップを展開し、自身が体感して得たメソッドを広げる活動にも精を出す。 ドラム以外にもギター弾き語りや、その他、写真、絵画、役者活動、パフォーマンス等、多様なジャンルで活動を繰り広げ、幅広い視野でハプニングかつ実験的でプリミティブな音楽を追求する。2011年の東日本大震災を受けてエネルギーを考える祭つくりプロジェクトTAIYO33OSAKAを発起し「太陽大感謝祭」を地元大阪で開催、フィールドレスな発信で一般市民の関心を巻き込んでいくなど、音楽以外での活動でも注目を浴びる。その天真爛漫で垣根の無い表現活動は今だ世界を駆け巡り、彼女の壮大な宇宙観は見る人を魅了し続けている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

f:id:Yoomi:20130518221259j:plain

坂本弘道|Hiromichi Sakamoto

http://sakamoto-hiromichi.com/

電動工具でチェロから火花を出す演奏に代表される奇想と、切なく甘美な楽想が奇跡的バランスで共存する、即興演奏家、作曲家。2008年ソロ公演で演奏中にチェロを燃やすパフォーマンスを敢行。パスカルズ等のバンド活動、荒井良二、U A 、遠藤ミチロウ川上未映子松田美由紀ら多彩なアーティスト、ジャンルとの共演、音楽映画「We Don't Care About Music Anyway」(2011年日本公開)出演、コクーン歌舞伎「盟三五大切」、劇団昴 the Third Stage「暗いところで待ち合わせ」、結城座「ミス・タナカ」、流山児☆事務所「地球☆空洞説」、「祈りと怪物」(作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ)、少年王者舘ミナレット」など舞台の作曲・生演奏、アニメーション映画「緑子/MIDORI-KO」の音楽制作等々。調布市せんがわ劇場「JAZZ ART せんがわ」プロデューサー、2013年「坂本弘道 presents フェスティバル 蝶と骨と虹と@横浜中華街」発案・主催。映画『White Elephant』音楽監督として、サウンドトラック制作。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f:id:Yoomi:20150312021047j:plain

分藤 大翼|Daisuke Bundo

信州大学全学教育機構准教授、映像人類学者。1972年大阪府生まれ。

https://www.facebook.com/daisuke.bundo

京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程修了。1996年よりカメルーン共和国熱帯雨林に暮らす狩猟採集民の調査研究および記録映画の制作を行う。主な共著書に『見る、撮る、魅せるアジア・アフリカ! −映像人類学の新地平』『森棲みの社会誌』『インタラクションの境界と接続』『フィールド映像術』など。映像作品に『Wo a bele−もりのなか−』 『Jengi』、『jo joko』など。

 

f:id:Yoomi:20150123235034j:plain

 

Peace Table 〜第一話・星を作る〜、アンケートより。

いろんな時間、いろんな風景

いろんな人の姿、いろんな想い

いろんな音、いろんなにおいが

つまっている。

でも、シンプルに

生きるとは、生きること

が えがかれている

映画だと思いました。

(余談ですがKAATの渋さ知らズの公演WS生として 白塗り班で参加していました

違う角度から また思い出せて良かった。)

 

梅澤妃美(Facebook

hitomi269(Twitter

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天草、広島、こどもたち、老人、

海、空、島、花、デモ行進

シュプレヒコール、それぞれのシーンに

「生へのメッセージ」が感じられました。

ありがとうございます。

 

Stone.M.  57才