読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

White Elephant

音楽の旅プロジェクト『White Elephant』の記録。

3月7日(土)<Peace Table〜第二話・手紙〜>

「第一話・星を作る」の御報告がすっかり遅くなってしまいました。ごめんなさい。皆様、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。あれから一ヶ月。私は現在、アートプロジェクト『赤崎水曜日郵便局』の仕事で、熊本県葦北郡津奈木町に約10日間の滞在制作をしております。地元にお住まいの皆さんと共に、歌を一つ作る為です。

いつもは二泊三日程の滞在なのですが、ひとつの町と向き合って作品を作るにあたって、それはけして充分な長さではありません。機会があればいつか、出来ることならいろんなお宅にもお邪魔させていただきつつ、寝起きをし、歌を作りたいというお願いをしておりました。その甲斐あって今回はいくつものご家族にお世話になりながら、ごはんや寝床やたくさんの蜜柑を頂きながら、海に行ったり、雨天を見上げたりしています。そうしてせっかく長い滞在なものですから、<Peace Table>の第二話をここ津奈木町で開くというのはいかがでしょうか。と、地元スタッフの方に御相談したところ、ご快諾頂き、開催の運びとなりました。

f:id:Yoomi:20150306122704j:plain

f:id:Yoomi:20150306122706j:plain

 

第一回目は東京・飯田橋の「ギンロク」というスペースで上映とトークライブを行いました。写真の手紙はその時、オープニングパフォーマンスとして即興で書いたものです。

 

私は何かというとよく手紙を書く人間で、新しく編集をした映画『White Elephant』の冒頭にも、手紙を書くシーンが挿入されています。emailという伝達手段が主なコミュニケーションツールになった現代、手で文字を書いて伝えるという人は、とても少なくなりました。よく手紙を書く私ですら今は殆どこうしてキーボードを用いて文章を書くようになり、筆圧も落ち、文字もどんどん崩れ、たぶんとても臆病になりました。


自分の心と脳が一本の線となって体で文字を綴る。という行為には、はっきりとした意志が必要です。言葉と心の関係はけしていつ何時も正直さを伴うというわけではなく、裏腹な文章を書いてしまったりもしますが、文字は、嘘をつくことが出来ません。

書いているうちに心細くなれば線は薄く、小さくなっていき、手はいつしか止まって進めず、破いて捨ててはいつの間にか眠って朝になり、読み返して馬鹿馬鹿しくなって結局捨ててしまったりする。年賀状ひとつ取っても、そんな具合です。だからもう、せっかく届いたお手紙や葉書にすらお返事を書けないくらいの臆病者になってしまった。筆無精に拍車がかかって、旧友は年々減る一方です。

 

手紙ひとつ自信を持ってポストに投函出来ないのか?と、自分が情けなくなりますが、キーボード生活のつけはそんな風にして私の体中にも萬延しています。そんな数年前のある日。『赤崎水曜日郵便局』という手紙のプロジェクトのスタッフをやってくれないか。と、友人で映画監督兼プロデューサー・遠山昇司から声が掛かり、私は「手紙」とまた深く関わることになりました。


アートプロジェクト「赤崎水曜日郵便局」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

『赤崎水曜日郵便局』地元スタッフ・松田修さんFacebookより 

 

直前ですが、改めてご案内です。
私が実行委員をさせていただいている
赤崎水曜日郵便局でポストマンをしてくれている
玉井夕海さんの作られたドキュメンタリー映画
「White Elephant」上映会 &
玉井夕海さんのアコーディオンによるライブを
今週の土曜日7日に開催しますので
お時間のある方は、ぜひお越しください。
************************************************************************
3月7日(土)14時より
熊本県津奈木町 染竹公民館にて開催
(津奈木小学校の前の道をさらに200mほど上った左側)
料金;大人¥1,000 高校生以下¥500
************************************************************************
赤崎水曜日郵便局のホームページに掲載されている
玉井さんのプロフィールなども紹介しておきます。
************************************************************************
玉井夕海 ウタウタイ
1977年、東京都生まれ。
東京藝術大学建築科在学中に宮崎駿主催アニメーション演出家養成講座「東小金井村塾2」を修了。その後、映画『千と千尋の神隠し』リン役に抜擢。天草からのインスピレーションを元に仲間達と制作した 映画『もんしぇん』(製作/シグロ・MK)は、伝説の仮設映画館・一角座を初め、2006年全国各所にて上映。脚本(監督・山本草介、イメージ設計・海津研との共作)・主演・音楽(Psalm)を担当。2012年、主演映画『NOT LONG, AT NIGHT -夜はながくない- 』が第25回東京国際映画祭<日本映画・ある視点部門>にノミネート。現在は、音楽の旅プロジェクト《White Elephant》を敢行中。
今回は、メッセンジャーとして住民などと交流を重ねながら手紙が無事に届くよう努める。 2013年10月より『渋さ知らズオーケストラ』メンバー。
************************************************************************